本文へスキップ

  MINT SOCIETY for IRANIANS with PHYSICAL HANDICAPS

プロフィールprofile

イランの障害者を支援するミントの会は、世界中の誰でもが自立した生活ができることをを目指しています。

ご挨拶

理事長 パシャイ モハメッド

 ミントの会の活動を始め約10年の月日が流れ、NPOになってから約7年が経ちました。車いすの生活になり自分に何ができるのか、何をこれからやりたいのか目の前にある現実を見つめながら、進んできた毎日です。         
  イランと日本を行ったり来たりする毎日の中で、時にはゆっくりと自分の時間を過ごしたいと思いながらも、私の背中を押しているのは障害者の方達からのメールや電話から聞こえる声です。その声は一人一人違っていますが、仲間に呼びかける声であり、話を聞いているうちに私はその人達の生活に引き込まれ一緒になって考え悩むこともたびたびあり、仲間と話し合ってきました。
 これまでに、多くの方たちの力を借りて、福祉機器の提供、障害者のお宅への訪問活動、訪問看護やリハビリ研修、バリアフリー研修、子供たちの障害教育、クリーンキャンペーンなどをイランで行うことができ、活動の基盤が徐々にできつつあります。ご支援いただいた皆様のおかげでここまで活動の輪が広がってきたものと思い、深く感謝いたします。
 今後もイランの障害者のために力をつくし、日本とイランの人々の交流を図りながら、活動を続けたいと思いますので、ご支援ご協力をお願いいたします。
2017.1.1


イランの障害者を支援するミントの会について

 イランでは「ミント」とは?「根づいて広がる」という意味があります。
 ミントの会は、理事長のパシャイ(写真)が、労災により車いすの生活になってしまった自らの状況から、翻って郷里のイランの多くの障害者の、自分よりもつらい生活に心を痛めていたのがきっかけとなり、周囲の人たちといっしょに、イランの障害者に車椅子や介護ベッドなどの福祉機器を届けてきたことをはじまりとしています。
 イランでは、障害を持ち困難な生活をしている人が多くいます。歩けなくなった障害者の皆さんは、家で寝ているほかなく、青空のもとで陽に当たることもなく、また、野に咲く花も、木々の緑も間近に見ることもできません。
 ミントの会は、障害者当事者や家族そして行政・障害者団体など皆さんと一緒になって障害者の生活の質を向上させ、自立を支援しています。障害者が元気に生活することができるように支援していきたいと考えています。皆様のご協力やご支援をよろしくお願いいたします。

イランの障害者を支援するミントの会


神奈川県秦野市

TEL 080-3496-3423
email mint_assist@yahoo.co.jp